好きなアーティストなどのライブのスタッフになれることも?イベント系バイトの魅力

header_logo
記事一覧

イベントバイトは好きなアーティストが間近で見れるのが魅力!


10代後半から20代の若者を中心に圧倒的な人気を集めているイベントバイト。副業としての勤務も多く、学生スタッフも多い仕事でもあります。イベントバイトは単発のものが多く、時給もそれほど高いというわけではありません。では、なぜイベントバイトが人気なのでしょうか?イベントの単発バイトの魅力を紹介します!

イベントバイトならではの特典!アーティストを間近で見れる!

4-2

このバイトの最大の魅力はスタッフとして働きながらもスポーツ選手やアーティストのコンサートなどを間近で見ることができることにあります。特にコンサートスタッフは、アーティストを直接見ることが出来ない場所でも、迫力のある音楽を聞くことができて、さらにはコンサートの準備期間や終了後に、アーティストを間近で見ることが出来る可能性もあり、運が良ければちょっとした会話をするチャンスや、一緒に写真を撮ったり、握手やサインを貰えることもあるそうです。ライブやコンサート以外にも、ファッションショーやモーターショー、お祭りや花火大会など、楽しいイベントがたくさんあります。働きながらイベントに参加しているような気分を味わえるのもイベントバイトの特典です。このように、イベントバイトならではの魅力や楽しさがあるため、イベントバイトは単発バイトのなかでも圧倒的人気を誇っています。
とはいえ、イベントバイトの主な仕事は会場設営、会場の解体などの仕事や、会場の至る所に立ち観客を誘導し、コンサート中に最前列などで興奮した観客の乱入を阻止するなどの警備系の仕事がほとんどで、総合的に力を使ったり体力に持久力を求められる業種。あくまでイベントバイトの役割は、ステージ上のパフォーマンスを見ることではなく、それらを見ている観客を見ることで、盛り上がりが最高潮に達し、前に進んでくる人や、アーティストの安全を守ることにあります。そのことを肝に命じて、節度をもって真面目に従事できる忍耐力をもった人が必要されていることも事実です。

人間関係に煩わされずに済む

様々なバイトがある中で主だってトラブルの原因や問題に繋がってくるのがバイト間での人間関係です。
仕事仲間同士での人間関係を築くことを困難に感じてしまう人が増えており、その煩わしさからバイトに行きたくないという人でも、イベントバイトでは単発での仕事が多いことから面倒な人間関係を避けることができるというメリットがあります。業務上、必要になる会話や休憩時間にたまにある軽い雑談程度で済むのでコミュニケーションに悩む方にもお勧めできます。

得意分野の仕事を選べる

人と接するよりも黙々と力作業をしたい人には、機材の搬入・設営・解体や、警備などの仕事がありますし、人と接することが好きな社交派タイプなら来場者の受付や案内係、販売担当など、接客業務もたくさんあります。自分の得意とする分野の業務を選べるのもイベントバイトの魅力です。