時給、日払い、交通費など、単発バイトのメリット・デメリットをご紹介

header_logo
記事一覧

時給、日払い、交通費、単発バイトのメリット、デメリット


いつでも気軽に、すぐ働けてすぐに稼げる単発バイト。とても便利ではありますが、良いことばかりでもありません。単発バイトのメリットとデメリットを紹介します。

単発バイトのメリット

1-3

アルバイト報酬が働いたその日にもらえる日払いは、急にお金が必要になったときに助かります。
単発バイトは、全般的に時給、日給が高めに設定されていることが多いため、時間を確保できるのであれば、単発バイトを利用して、短期間で稼ぐこともできます。また、誰にでもできる仕事がほとんどなので、技術や経験が無くても不安に思うことはありません。
また、大学生やフリーターに比べるとアルバイトの募集が少ない高校生も、単発バイトならたくさんあるので、夏休み・冬休みを利用して働くことができます。
仕事によっては、履歴書がいらない場合もあり、いつでもすぐに始められる気軽さも、人気の秘密です。
かけもちで働くフリーターの方たちに便利なのが、自分で働く日を決められるので、本業や、もう一つの仕事に影響が出ることなく、無理せず働けるということ。自分の時間を最大限活用することができます。

単発バイトのデメリット

単発バイトで生計をたてる場合、その仕事が終わるごとに次の仕事を探さなくてはいけないので、生活が安定しません。また、単発バイト自体が少ないシーズンや、人気の単発バイトで応募者が多い場合など、希望通りに仕事につけない場合もあります。働く日数も少ないので、技術や経験は身につきません。
また、土曜・日曜・祭日の仕事が多いため、週末に予定が立て込む人にとっては、なかなか仕事が見つからないかもしれません。逆に学校が休みである学生さんには、うってつけのアルバイトでしょう。とにかく短期間の勤務なので、友達が出来にくいということも。友達作りには、単発バイトよりも長期間のアルバイトの方が向いています。
仕事をするにあたっては、会社との信頼関係や仕事スキルが気になる所ですが、残念ながら、単発バイトでは簡易的な作業や連続性のない仕事が多く、会社から認められるようなことは、ほとんど無いと言っていいでしょう。代わりの人材はいくらでもいるのです。

交通費に注意!

単発バイトの場合、交通費が出ない仕事も少なくありません。時給、日給がいいとはいえ、交通費が自己負担であればせっかくの単発バイトがもったいないですよね。応募前に交通費支給の条件をしっかり確認し、交通費とお給料のかねあいを検討しましょう。